2010年11月08日

ぬくみ祭♪子供達との出会い♪

行ってきました。
ぬくみ祭♪

「なに・しよ」のタイトル通り・・・なんでもありの「ぬくみ祭」でした。

サイトにちょくちょくと遊びに来てくれた
3人の女の子達が、私達に、30秒程度の・・・
お芝居をサイトで演じてくれて、楽しませてくれていました。
シンデレラの一場面だったり・・・
白雪姫の一場面だったり・・・
それは、きっと、「仮装」をしていた為に、
ちょっと、やってみたかった・・・という、
子供達の「あ・そ・び」だったのでしょう。

なのに

「ちょっと待ち、倒れる時には、もう少し・・・苦しい声を出さなあかん」
「もっと、大きな声で」
「そこは、ゆっくり」
と、子供の遊びに、いちゃもんつける、おっさんが・・・
あらわれた・・・

彼の名は「ろく」

しかし・・・彼女たちは
「ええっ〜・・・いややぁ〜」
「え〜、またぁ〜」
と、いいながらも、「よっしゃ、も一回しよっ」と、
楽しみだした。

そして「ろく」は「監督」と、よばれだした。

わかっているのは、彼女達が、小学校4年生であるということだけ・・・なのに(笑)

どこの誰かもしらん・・・
サイトもしらん・・・
親もしらん・・・

なのに

「あかんあかん、声が小さい、も一回!!」
「どこから?」
「最初から!!」
「ええええっっ・・・(:∩;*)」と、繰り返される、練習。

「監督、それやったら、ここは、こうしたほうがええんとちゃう?」と、
いろいろと、意見まで、でだして、チェンジがくりかえされる。

たしかに、見ていると、何回も、何回も、やるうちに、
白雪姫の話が、最初から、最後まで、通しで、出来ている。
役も、きっちりと、振り分けられて(笑)
1人2役も・・・出来ている(笑)

「ここまで出来たのだから、みんなの前で、発表するか?」と、
わたしが聞くと「するっ!するっ!するっ!」と、大喜び。

キャンプ場に話して、夜のビンゴの時に、10分ほど時間をいただくことにした。

さて、いざ・・・その時間が近づくと
「かんとくぅ〜、やっぱり無理かも」
「大丈夫やて、出来る出来る」
「あかん〜緊張〜してきたぁ〜」
「大丈夫、大丈夫、おしっこいって、落ち着き」
「かんとくぅ〜・・・」「大丈夫!」と、
それは、まさに・・・
「劇団四季」状態でした。
いや、「サインはV」状態か・・・

3人は、緊張しながらも、大勢の人の前で、立派に演じました。

ま、一番楽しんでいたのは、監督かもね。

しかし、3人のおじょうちゃんたちの、ご両親様は・・・なんと思われていたでしょうか(爆)
のちに、ご挨拶をさせていただきましたが・・・
いまさらながら、ここで・・・
「監督をさせていただき、ありがとうございました。」と、こちらからお礼をのべますm(__)m


子供達のパワーってすごいです。
本当に、まっすぐな、パワーを見せていただきました。ありがとうございました。

もっと・・・監督が、かっこよかったら・・・よかったのにね。かんにんなっ(爆)

ぬくみ祭を見る(スライドショーです)
posted by さかぽん at 18:41| Comment(19) | 未分類 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。